歯が痛い・歯ぐきから血が出る~一般歯科・歯周病~

  • ホーム > 
  • 歯が痛い・歯ぐきから血が出る~一般歯科・歯周病~
  • 中
  • 大

歯や歯ぐきの症状は早めに対処しましょう

歯や歯ぐきの症状は早めに対処しましょう

「歯が痛い」「歯がしみる」「歯ぐきが腫れている」「歯ぐきから血が出る」など、お口に気になる症状はありませんか? これらの症状は、虫歯歯周病のサインです。どちらもかかり始めは自覚症状がほとんどなく、じわじわと進行する病気。気づいたときには、かなり悪化してしまっているというケースも少なくありません。少しでも気になる症状がありましたら、船橋市の歯医者「あおば歯科医院」にお早めにご相談ください。

早期発見・早期治療がポイントです~虫歯~

虫歯のメカニズム

虫歯のメカニズム

虫歯は、歯に付着したプラーク(歯垢)に棲み付いている多数の虫歯菌が食べカスに含まれる糖分をエサとして酸をつくり出し、その酸によって歯が溶かされてしまう感染症です。ごく初期の段階では痛みなどの自覚症状はありませんが、虫歯が進行するにしたがって歯の表面のエナメル質に穴があきます。そして象牙質に進むと痛みが出るようになり、神経に到達すると激痛が生じます。それでも治療をしないと、やがては抜歯を余儀なくされてしまうのです。

虫歯にかかってしまったら、虫歯になった部分の歯を削って詰めものを入れます。早い段階で治療を始めれば削る部分も小さく、比較的簡単な治療で済みますが、悪化させてしまうと治療も複雑になり、それに合わせて通院回数も治療費も増えてしまいます。そのため、虫歯は早期発見・早期治療が非常に大切です。

当院の虫歯治療について

当院の虫歯治療について

とはいえ、ただ歯を削ればいいかというと、そうではありません。一度削った歯は二度ともとには戻らないので、削る部分を最小限にとどめることが、健康な歯を末長く維持するためには重要なのです。また、虫歯はとても再発しやすい病気なので、原因をしっかり改善しなければなりません。「あおば歯科医院」では単に痛みを取るだけの治療ではなく、将来の健康まで見据えた丁寧な治療を行っています。

虫歯の進行と治療法
進行段階 症状 治療法
C0:ごく初期の虫歯
C0:ごく初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が虫歯菌の出す酸によって溶け始め、白っぽく濁って見える状態です。まだ痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布(MIペーストの塗布)などで、歯の再石灰化による自然治癒を促します。
C1:エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯
エナメル質がさらに溶かされ、歯が黒ずんで見える状態です。冷たいものがしみることがありますが、痛みはまだありません。 虫歯部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。
C2:象牙質の虫歯
C2:象牙質の虫歯
エナメル質の内側の象牙質におよんだ虫歯です。冷たいものや甘いものがしみたり、痛みを感じたりするようになります。 虫歯部分を削り、インレー(詰めもの)を装着して削った部分を補います。
C3:神経にまでおよんだ虫歯
C3:神経にまでおよんだ虫歯
象牙質のさらに内側にある歯髄(いわゆる「神経」)にまで虫歯が進行した状態です。何もしなくてもズキズキと痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管の内部を消毒して薬剤を詰める「根管治療」を行います。その上にクラウン(被せもの)を装着します。
C4:歯根にまでおよんだ虫歯
C4:歯根にまでおよんだ虫歯
歯根まで虫歯が進行した状態です。神経が死んでいるので痛みはいったんなくなりますが、歯根の先に病巣が進むと激しい痛みと腫れが生じます。 ほとんどの場合、抜歯が必要となります。抜歯後は、入れ歯やインプラントなどにより、失った歯の機能を回復させる補綴(ほてつ)治療を行います。
重度の虫歯には根管治療
根管治療とは

根管治療とは

虫歯が神経に到達してしまった場合、虫歯に侵された神経を除去する処置を行います。この治療を「根管(こんかん)治療」といい、歯の神経が入っている細い管(根管)から感染物質をすべて除去し、洗浄・消毒して薬剤を詰めます。

この根管治療により、従来では抜歯が避けられなかった歯(歯根)を残すことが可能になります。歯は1本でも失ってしまうと、口腔内のバランスが崩れてさまざまなトラブルを招くリスクが高まるので、できるかぎり抜歯を避けて健康な状態で残すべきです。正確な根管治療によって自分の歯を残すことは、お口の健康を維持することにつながります。

根管治療の流れ
STEP1:根管の露出 STEP2:神経の除去 STEP3:根管内の洗浄
根管治療ができるように虫歯部分を削ります 虫歯菌に汚染された根管内の神経などを取り除きます 根管内部に細菌が残らないようにしっかり洗浄します
STEP1:根管の露出 STEP2:神経の除去 STEP3:根管内の洗浄
STEP4:根管内の除菌 STEP5:薬剤の充填 STEP6:被せものの装着
根管治療ができるように虫歯部分を削ります 虫歯菌に汚染された根管内の神経などを取り除きます 根管内部に細菌が残らないようにしっかり洗浄します
STEP4:根管内の除菌 STEP5:薬剤の充填 STEP6:被せものの装着
歯がしみるのは知覚過敏かも

歯がしみるのは知覚過敏かも

虫歯になっていなくても歯がしみたり、痛んだりすることがあるのをご存知ですか? その原因は「知覚過敏」かもしれません。知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が削れたり薄くなったりしたことでその下の象牙質が露出し、神経へ刺激が伝わりやすくなること。冷たいものがしみるようになってしまうのは、そのためです。

エナメル質が薄くなる原因には、加齢や歯ぎしり、食いしばり、強すぎるブラッシング、歯周病などが考えられます。知覚過敏も虫歯と同様に、早期発見・早期治療が大切です。歯科用レーザーを使用した負担の少ない治療も可能ですので、当院までご相談ください。

日本人の多くが悩んでいます~歯周病~

日本人の多くが悩んでいます~歯周病~

歯周病は歯ぐきの炎症から始まるお口の感染症で、進行すると歯を支える顎の骨が溶け、やがては歯が抜け落ちてしまう可能性もある病気です。日本人が歯を失う原因の第一位でもあり、今日では30代以上の約8割が歯周病患者、もしくはその予備軍だといわれています。

虫歯のような痛みがないことから軽視されがちな歯周病ですが、私たち日本人にとっては非常に身近な病気であり、また怖い病気でもあります。歯周病のことを正しく理解し、歯を失うことがないようにトラブルをしっかり回避しましょう。

歯周病の進行
段階 状態・症状 治療法
健康な歯ぐき
健康な歯ぐき
歯肉が引き締まり、健康的な薄いピンク色をしています。 正しいブラッシングをして、プラークを溜めないようにしましょう。
歯肉炎
歯肉炎
歯ぐきが少し炎症を起こした状態です。腫れたり出血したりすることがあります。 正しいブラッシングとともに、スケーリングPMTCを受けましょう。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
炎症が進み、歯ぐきだけでなく歯を支える歯周組織にまでおよんだ歯周病です。 歯科医院でスケーリングPMTCを受け、プラークや歯石を除去しましょう。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)が深くなり、歯がグラグラする・歯ぐき下がる・歯がしみるなどの症状があります。 ルートプレーニングで、スケーリングでは落とせない歯ぐきの奥深くのプラークや歯石を取り除きます。
重度歯周炎
重度歯周炎
歯を支える顎の骨が半分以上溶かされた状態です。歯がさらにグラつき、膿が出て、口臭がきつくなります。 フラップ手術歯周組織再生治療などを行います。歯を失ってしまった場合は、入れ歯やブリッジ、インプラント治療などで歯の機能を補います。
歯周病の治療法
スケーリング

スケーリング

歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)を深くする原因となるプラークや歯石(プラークが石灰化して固まったもの)を「スケーラー」という器具を使い取り除きます。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

「キュレット」という器具を使い、スケーリングでは落としきれない歯ぐきの深い部分に付着するプラークや歯石を除去。そのあと、歯の表面をなめらかにして汚れの再付着を防ぎます。麻酔をして行うこともあります。

フラップ手術

フラップ手術

局所麻酔をしてから歯ぐきを切開。そして歯周ポケットの奥深くに付着しているプラークや歯石を取り除き、同時に感染した組織も除去してから歯肉を縫合します。

歯周組織再生治療(エムドゲイン法)

歯周組織再生治療(エムドゲイン法)

歯周病で破壊された歯周組織の再生を促す治療法のひとつです。感染部分を切除して「エムドゲインゲル」という歯周組織再生誘導材料を注入し、歯周組織再生のスペースを確保してから切開した歯肉を縫合します。エムドゲインゲルはのちに体内に吸収されるので、再切開は不要です。

お問い合わせはこちら あおば歯科医院 Tel.:047-422-8919